人格障害研究センターは、利用者様の個人情報に関する重要性を認識し、個人情報保護基本方針を策定するとともに、以下の条項の厳守を全職員に義務付けております。

第1条 個人情報の管理と保護
 当相談室及び関係機関は、メンタルヘルス不調者の(私設)心理相談機関としてその社会的責任を果すとともに、サービスの専門性を向上させるため、利用者様の個人情報
*1
.に関するリスク(紛失、破壊、改ざん、漏えい、不正アクセスなど)を認識し、これらを防止するための必要かつ適切な安全管理措置を講じます。
 また、利用者様の承諾を頂いた場合や、利用者様の心の健康に対する配慮上情報開示の必要があると判断される場合*2.、及び法令(「個人情報保護法」23条及び25条)の定めにより開示を求められた場合を除き、第三者に対してデータを開示・提供することはいたしません。
 なお、個人情報の保護は、(希死念慮等により)緊急に医療上の措置を必要とすると判断される利用者様への対応を妨げるものではありません。

第2条 個人情報の訂正、削除等
 利用者様から、保有個人データの内容が事実ではないという理由からその内容の訂正、追加又は、削除を求められた場合、遅延なく必要な調査を行い、その結果に基づいてデータ内容等の訂正を行います。

※1.  「個人情報」とは、氏名、年齢、生年月日、電話番号、住所、出身校、勤務先、 生育暦・生活史、心理問題に関する利用者様の訴え及びそれへの相談対応者の分析や解釈の内容等の情報で、この内の1つまたは複数の組み合わせにより、利用者様を特定することのできる情報を意味するものとします。

※2.  相談等の結果、利用者様の心の健康に影響を与えていると考えられる家族間の問題が認められ、家族との連携をとることを本人に説明し、承諾が得られた場合、家族     に対して当該問題について必要な報告を行うことを指します。

 以上を契約前に事業者と調整し、上記の内容についての取り決めを行います。その際、利用者様の不利益となる取り決めは行いません。

2004年10月 1日制定

※ 個人情報の取り扱いに関するご連絡先
電話(代表)  0274-62-1026
FAX   0274-62-1126