センターの特徴は、ご利用者が「自分なりの生き方」を再発見できるよう、以下の特徴を掲げています。

パーソナリティ障害を専門とする佐藤矢市 臨床心理士による心理ケア
4名の専属職員(ヒューマニスティック・マネージャ)が施設生活をサポートします
2名の料理スタッフが、温かい食事をご用意いたします
2頭の可愛いセラピー犬が皆さんの回復を支えます
全職員はカウンセリングに対する基本態度を訓練しております
他の仲間(宿泊者)も良き理解者となってくれる大きな存在です


「自由で、安心できる」をテーマとにした心理ケアを望む方に最適なプログラムです
長く本当に困っている方を優先に受入れさせて頂きます(保護者の同意を要します)
初回面接から社会生活支援までを個別にサポートします
退所後、独りぼっちにならぬよう「心の故郷」としてのネットワークを運営しております
宿泊しながら社会活動(就労や就学)を行うことも可能です

臨床技術の研究と向上に努めます
「現場から学ぶ」を重視し、ご利用者との共同体験による問題(障害)理解に努めます
心理的成長には、肯定面からの理解による「補い」を大切にします
互いに共感しあう関係より「失敗は修復できる」イメージを学習してもらいます
認知行動療法:主に弁証法的臨床心理学に基づくトレーニングを実践します
実存主義的理解:「今この瞬間」における私の主体性と意思決定を大切にします
愛他性の涵養:他者への積極的な共感と感謝に注目する対人スキルを学習します
全体性の涵養:問題の全体的視点を見落とさない重要性を学習します
社会生活での資源活用に関する多様なスキルと対処行動を学習します